ディレクションを科学する と 私の日記

自己紹介とディレクションを科学していきます。

私の要件定義の進め方

参考までに私の要件定義の進め方を記載します。

要件定義に入れることが前提ですが例えば、

・やりたいことが決まっている。

・現在の問題点もある程度は説明できる。

・予算感がちゃんとある。

・最低限要件定義の費用は決まっており、確実に頂ける。

などが 要件定義に入れる条件です。

その条件がそろって、3か月で要件定義をクローズ、毎週週1のMTGの場合は

 

・1週目(1回目)→概要ヒアリング

・2週目(2回目)→要件定義の半分ぐらいを目標に作成

・3週目(3回目)→要件定義を一通り完成を目標に作成

 

とスタートダッシュで対応します。

※実は早い時は1回目で半分くらいはできていて、1回目は作成途中ででてきた

質問とかをします。

 

これは何も時間がないからとか、急いでいるからとかではなくて、上記のように3回目で一通り完成させると当社の課題とか追加と思われる個所とか費用とかの調整など非常に行いやすくなります。

 お客さんも早々に全体イメージができて、対応が必要な課題が浮き彫りになってきます。 もちろん早々に作成したので、抜け漏れの部分もありますが、それも後から十分挽回は可能です。

 

ただ、これは実際の案件だったのですが、最終完成したのは予定通りの3か月後でした。その間何をしていたのかというと お客さん内での課題の確認や調整などほぼ先方内の社内調整でした。そういったことを考えると、ちょうどよかったスケジュールだったと思います。

 

上記のようなスタートダッシュは初めは本当にしんどいのですが、後は楽になりいろいろな対応がしやすくなります。